大阪の1DKマンション・アパートの家賃相場はいくら?

大阪商店街

1DKはダイニングルームにメインルームが1室付いた魅力的な間取りです。でもだからこそ気になるのが家賃です。

一人暮らしをするにはちょっと贅沢な間取りですが、自分だけの空間を快適に過ごしたいのであれば1Kよりも余裕のある1DKがいいですよね?

そこで今回は大阪でゆとりのある1DKを安く手に入れたい時におすすめの地域や駅を、ランキング形式で紹介していきます。

1. 1DKの家賃相場【大阪編】

1-1. 1DKの間取りで最も家賃相場が高い地区はどこ?

1DKの間取りで大阪一高いエリアは、大阪市中央区です。中央区の平均家賃相場は8.02万円とかなり高めです。

このエリアの1K平均相場が6.37万円なので、「キッチンを広くしただけでこれだけ違うの?」と思うかもしれません。

ただこのエリアでワンランク上の1LDKとなると、なんと10.75万円になります。

ところが同じ中央区で2Kの平均家賃を見てみると、8.38万円で1DKとほぼ同じになります。

つまり中央区の家賃相場が高いのではなく、「ゆとりのある一人暮らしをしたい」と思う人が多く集まるからこそ家賃が高くなってしまうのです。

だからこそ「穴場を知らなければ損をする」というわけです。

1-2. 大阪で1DKの平均家賃相場とは?

まず初めに知っておきたいのが、1Kと1DKの違いです。

1Kもメインルームがありますが、1DKと比べるとキッチンのスペースに違いがあることが分かります。

1Kのキッチンは4.5畳未満となっていますが、1DKの場合は4.5~8畳の広さになります。

つまりどちらもメインルームがありますが、1DKの方が断然ゆとりがあるというわけです。

そこで気になるのが大阪の1DK平均相場です。大阪の場合、1DKの平均相場は5.01万円です。

つまりこの数字が、家賃を重視する場合のポイントになります。

2. 大阪で家賃相場が安い場所・地域ランキング

第5位【富田林市】4.90万円

富田林市は、大阪府南河内エリアにある街です。

中でも戦国時代にルーツを持つ富田林寺内町は、今なお街の至る所に歴史的な建造物が残り昔ながらの街並みを受け継いでいる風情ある場所です。

実際に住んでいる人の口コミを見ると、駅前に近いほど住み心地の良さを感じるようです。

逆に駅から離れるほど「買い物に不便」「夜中にコンビニがたまり場になって不安」などのコメントが見られます。

女性の一人暮らしをするのであれば、駅から徒歩10分圏内の物件を探すのがおすすめです。

「とにかく安さを重視したい」というのであれば、幹線道路沿いの古い物件を狙ってみるとこのエリアの平均相場よりもかなり安い物件に出会うことも出来ます。

第4位【岸和田市】4.78万円

岸和田市は、大阪府泉南エリアにある街です。

もともと式和田藩の城下町として発展をしてきた歴史を持つ岸和田市は、今も国や大阪府の出先機関や企業の支店が集中する中心街となっています。

そんな岸和田市で実際に一人暮らしをしている人の口コミを見てみると、「スーパー、コンビニ、ドラッグストア、商業施設がすべてそろっていて便利」というコメントが目立ちます。

ただ岸和田祭りなどのような大型のイベントも行われるので、「イベントがある期間は渋滞がひどい」「路上駐車が多くて気になる」というコメントもあります。

こうした口コミからもわかるように、女性の一人暮らしであれば「人通りの多いエリア」を中心に物件探しをするのがおすすめです。

これに対して「とにかく安さを重視したい」という場合は、駅から離れた幹線道路沿いをチェックしてみると理想の物件に出会える可能性が高くなります。

第3位【貝塚市】4.66万円

貝塚市は、大阪府泉南市にある街です。水間観音で有名な水間寺を含め、歴史的な建造物と緑が残るエリアです。

貝塚市は、東京オリンピックで「東洋の魔女」と呼ばれ大活躍した日紡貝塚女子バレーボールチーム(現在のユニチカ・フェニックス)が本拠地としていたこともあり、「バレーボールのまち」を推進していることでも有名です。

そんな貝塚市で実際に暮らしている人の口コミを見ると、「駅の周辺は買い物にも便利」「昔から住んでいる人の印象がとても良い」「公園が多く静かでのんびりできる」などのコメントが目立ちます。

ただし駅から離れた物件に住んでいる人のコメントを見ると、「コンビニやスーパーがなくて不便」「車がないとスーパーまで行けない」などのコメントも見られます。

このエリアで満足できる物件探しをするのであれば、「駅から徒歩15分圏内」がおすすめです。

家賃にどうしてもこだわりたいという場合でも、築年数にこだわりがなければ意外と安い物件に出会えます。

第2位【寝屋川市】4.47万円

寝屋川市は、大阪府東部に位置する街です。

お伽草紙に市の名前の由来があるといわれている寝屋川市は、成田山大阪別府院王院(成田山不動尊)や国宮廃寺跡など文化・歴史的に価値の高い場所も数多くあります。

そんな寝屋川市に実際に住んでいる人の口コミを見てみると、駅周辺よりも幹線道路沿いの物件や住宅街の中の物件の方が良いコメントが目立ちます。

「スーパーやドラッグストアが近くにあるので便利」「公園が多く散策していても楽しい」「住宅街でも治安が良いので安心」などのコメントをみても、住みやすさに満足していることが分かります。

ただし幹線道路や大通りから外れたエリアでは、「スーパーがなくて不便」「車がないと不便」というコメントも多く見られます。

こうした口コミから見てもわかるように。車がある場合は「幹線道路に近いエリア」または「小学校近くの住宅街」がおすすめです。

車ではなく徒歩で電車をメインに移動するというのであれば、徒歩15分圏内の物件を探した方が生活をする上で便利でしょう。

第1位【河内長野市】4.20万円

河内長野市は、大阪府の南河内エリアにある街です。市の中心部は商業施設や高層マンションがひしめく都会的な印象がありますが、山麓エリアは「奥河内」と呼ばれ豊かな自然の中に歴史的な史跡や建造物が数多く残っています。

そんな2つの表情を持つ河内長野市は、家賃が安い1DKの物件がたくさんあります。

駅から離れていても幹線道路沿いに商業施設などがあるので、普段の買い物をするのに不便を感じることはありません。

ただし駅から離れるならば、「車」は必需品になります。特に山麓エリアに近い物件では、車がなければ移動に困ります。

利便性を追求するならば駅周辺の物件となりますが、コンビニやスーパーが徒歩10分圏内にあるエリアは家賃もやや高めです。

それでも大阪の平均的な家賃相場よりも安いですから、まずはこのエリアをチェックするのが家賃の安い物件を探すポイントになります。

3. 大阪で家賃相場が安い駅ランキング

第5位【四条畷駅】

四条畷駅は、大阪府大東市にあるJR片町線の駅です。乗り継ぎなしで大阪駅まで約30分で移動が出来ます。

駅から徒歩15分圏内に大型のショッピングモールやドラッグストア、総合病院などがすべてそろっているのでとにかく便利です。

ただし駅から少し離れると、街灯の数が一気に減ります。

日中は閑静な住宅街ですが夜になると薄暗いですので、女性の一人暮らしであれば出来るだけ街灯の数が多い場所で物件探しをするのがおすすめです。

平均家賃はやや高めですが、物件数が多いエリアなので条件のハードルを下げれば希望通りの物件に出会うことが出来るはずです。

第4位【新森古市駅】

新森古市駅は、大阪府大阪市にある地下鉄今里筋線の駅です。

駅から徒歩20分圏内の物件であれば、家賃も比較的安いうえにスーパーやコンビニなどもあるので日常生活に不便を感じることはありません。

ただし外食がメインの人には少し不便に思うかもしれません。

駅から少し離れるとすぐに閑静な住宅街が広がっているので、日常生活に必要なものを買うスーパーなどは充実していますが飲食店はあまりありません。

さらに電車の終電時間が早いので、夜遅くまで残業をするのであれば別のエリアも含めて検討した方が良いでしょう。

第3位【千林大宮駅】

千林大宮駅は、大阪府大阪市にある地下鉄谷町線の駅です。

千林大宮駅も、大阪駅までノンストップでアクセスできるため、一人暮らしの社会人や学生に人気があります。

駅から少し離れていても周囲にスーパーやドラッグストアなどがあるので、自炊メインの一人暮らしでも不便に思う事はあまりありません。

駅周辺にレジャー施設はありませんが梅田駅や大阪駅にも近いので、普段の生活を充実させたいのであればおすすめのエリアです。

第2位【千船駅】

千船駅は、大阪府大阪市にある阪神本線の駅です。

車を使わない生活であればやはりポイントは「利便性」です。

その点千船駅は、乗り継ぎはあるものの大阪駅まで15分で移動が出来ます。

国道や幹線道路沿いであれば、駅から少し離れていても明るいため女性の一人暮らしでも安心です。

ただし昔ながらの団地周辺は治安に不安を感じることもあります。

ですから治安のよい物件を探したい場合は、「大通りに近い物件」または「警察署の近くにある物件」を選ぶと安心です。

第1位【相川駅】

相川駅は、大阪府大阪市の阪急京都線の駅です。

大阪駅までのアクセスも30分以内という好立地にあるため、一人暮らし向きの物件が比較的多いです。

大通り沿いの物件であれば駅から少し離れた場所であっても明るいので、初めての一人暮らしでも安心です。

ただし閑静な住宅街はファミリー向けの物件が多いため、1DKの格安物件を探すのは少し大変です。築年数にこだわらなければ、治安もよく買い物にも便利な物件がありますので根気よく探してみるのがおすすめです。

4. まとめ

くつろぎの空間を持つことが出来る1DKも、エリアと駅にポイントを絞れば初めての一人暮らしでも夢ではありません。

車がなくても徒歩20分圏内まで範囲を広げれば、大阪市内でもまだまだ穴場の物件はたくさんあります。

ただし町や駅の雰囲気は同じではありません。

特に昼と夜の雰囲気が全く違うという場所も多いです。

ですから気に入った物件を見つけたなら、昼と夜の両方の景色を必ず確認しておきましょう。これも安心して暮らすための大事なポイントです。