2LDKに4人家族は住める?狭い間取りを広くするポイントとは

4人家族で住むお部屋を探す場合、どういった間取りがベストなのでしょうか?

よく、子育てにおいて最適な間取りの中でも最小かつ理想的なサイズと言われているのが2LDK(※)という間取りです。

一般的には狭いイメージを持たれる場合が多く、実際にお子様の人数や年齢によっては快適に暮らすのは難しくなる間取りでもあります。

以上の特徴から、4人家族で2LDKに住む場合にはどういった部分がポイントになってくるのでしょうか。

今回はどういった家族構成のご家族が2LDKに適しているか、4人家族で2LDKに住むためにはどういった工夫がオススメか、などの情報をご紹介します。

(※)2LDK

『LDK=リビング・ダイニング・キッチン』と居室が2部屋ある間取りのこと。

『DK(ダイニング・キッチン)』との違いは広さによるもので、10畳以上の場合はLDK、それ以下の場合はDKとなる。

1. 2LDKに4人家族で住むことはできる?

食事などの家族が顔を合わせる場所の他に、2つの居室とリビングを合わせて3部屋を生活空間として確保することができるため、

4人で生活しても最低限の距離感を保つことができます。

ただし、後述しますが1人1人のプライベートな空間が少なくなるため、「快適に」となると難しい面もあります。

加えて、「LDK」は比較的新しい間取りのため、一昔前に流行した「DK」よりも家賃が高い傾向があります。

地域によっては2LDKより居室が多い3DKの方が、家賃が安い場合もありますので、選ぶ際にはお子様の年齢を含めた家族状況を考慮して決めることをオススメします。

2. 2LDKで快適に暮らせるのは何人家族まで?

先述のとおり2LDKでは4人家族で暮らすことも可能ですが、「快適に」となると、両親とお子様1人の3人暮らしに最適な間取りと言えます。

その理由として、2LDKでは「LDK」以外の居室のうち1つは親の寝室、もう1つが子供部屋となる場合が多いため、どうしても手狭になってしまう可能性があります。

お子様が小さいうちは1つの部屋に2人のスペースでも問題ありませんが、成長すれば荷物も大人並みに増えていきますし、それぞれにプライベートな空間も必要になります。

1つの子供部屋に仕切りを作るなどの工夫をすることで2人で使用することも可能ですが、男女の兄弟の場合などは、やはり成長とともに「快適」とは言い難くなってきます。

長く快適に生活することを考えると、2LDKは3人までのご家族がベストと言える間取りです。

3. 4人家族におすすめの間取りとは?

4人家族で快適に生活するのにオススメなのは、3DKや、コスト面で余裕があれば3LDKといった「居室が3つある間取り」です。

先述のように親の寝室の他にお子様それぞれの部屋を確保できる上、DKやLDKなど家族全員が顔を合わせられる場所があるため、4人家族にはピッタリの間取りと言えます。

以下では、3DKと3LDKのそれぞれのポイントをご紹介します。

3-1. 3DKの場合

3DKの物件は3つの居室のうち1つは和室ありの物件が多いため、お子様が転んでもケガをしにくいことから子供部屋を作るのに最適と言えます。

リビングのようなくつろぐ空間はありませんが、ダイニングがあるため家族が揃って食事するスペースを確保できます。

先述のとおり少し前に流行した間取りのため比較的築年数の古い物件が多く、LDKの物件に比べて家賃が安い場合が多いため、

最低限の広さを確保しつつ家賃を抑えたい人に向いている間取りです。

3-2. 3LDKの場合

ダイニングに加えてリビングもあるため、ゆとりのある空間を確保できる間取りです。

キッチンで食事の準備をしながらリビングの様子を見られるので、お子様がまだ小さい場合でも安心して家事をできるといったメリットがあります。

また、リビングがあることで居室以外にも収納スペースを確保できる上、ご家族で一緒に過ごせる空間にもなるため、スペースに余裕を持って生活することができます。

来客があった場合でも居室を見せることなくリビングで対応できるため、友人がよく遊びに来るご家族にも助かる間取りです。

どちらの間取りでも共通して言えることは、お子様が成長し、それぞれに部屋を分けた場合にも夫婦の寝室を確保できるので、

夫婦とお子様2人で『快適に』生活することができる間取りです。

荷物が異常に多い、夫婦それぞれに自分の部屋が欲しい、仕事を家でやりたい、などの理由がなければ、4人家族に最適な間取りと言えます。

4. 狭い間取りでも4人家族が快適に暮らすためのポイント

ここまで、4人家族で2LDKに暮らすことは、「快適」と言うには難しい、という説明をしてきましたが、それでも2LDKに暮らす場合、どうしたら良いのでしょうか?

家族の人数に対して狭い間取りで暮らす場合、間取りと部屋の広さを変えることはできないため「部屋の使い方」を工夫する必要があります。

以下では、限られたスペースを有効に活用するための方法をご紹介します。

4-1. カウンターテーブルを活用する

お子様がいる場合、リビングに大きめのダイニング・テーブルをお使いになるご家族が多いですが、思い切ってカウンターテーブルを使うという考え方もあります。

テーブルにしているキッチンカウンターがキッチンの一部として見えるため、部屋を広く感じさせてくれるだけでなく、テーブル下のスペースも有効に活用できます。

キッチンとカウンターの高さを合わせる事で統一感が生まれ、まとまりのあるLDKになるため、見た目にもゆとりのある空間を作り出せます。

また、どうしてもリビングには大きいダイニングテーブルが欲しい、といった方は、

伸縮式や折りたたみ式のテーブルを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

食事の時は広げ、普段はコンパクトに畳まれているので、生活動線を遮ることなく必要な時だけ広く使えるだけでなく、

使っていない時はスペースを確保することができます。

4-2. ソファダイニングを使う

最近、『ソファダイニング(メーカーによっては「ダイニングソファ」とも言う)』という低めのテーブルとソファを合わせたダイニングセットが、狭いLDKに人気です。

ソファに座っても食事ができる上、背もたれまでクッション材が入っているものが多いため、疲れにくいように作られています。

ダイニングテーブルのように食事ができるだけでなく、ソファのようにくつろぐこともできるので、

狭いLDKにダイニングテーブルもソファも両方欲しい、という方に人気です。

4-3. ベッドの配置に気をつける

最近は和室のない間取りが増えている影響からか、布団ではなくベッドを使う人が多くなっていますが、シングルサイズのベッドでもそれなりの大きさがあります。

2LDKの場合、多くの物件はLDK以外の2部屋は広くても6畳、狭いと4,5畳という場合が多く、ベッドを置くことで大半のスペースが埋まってしまいます。

動線を確保しながら空間や収納を有効に使うためには『収納の前にベッドを置かない』『ベランダに出る窓とベッドを離す』というように、配置に気をつけましょう。

収納の扉とベッドの間には可能な限り余裕を持たせ、クローゼットや押入れの開閉に無理がないスペースを確保することで、無駄な空間を作らないことが重要です。

また、ベランダに出る窓の前とベッドの間には最低でも50cm以上の空間を作ることで、ベランダに出る際にスムーズな動線を確保できます。

上記の他にも、寝室にベッドを置かず布団を使うことで、昼間は布団を片付けてしませば1部屋分のスペースを作り出すことができます。

お子様が2人の場合でも、寝る前までは子供部屋と親の寝室に分かれて遊ぶことも可能になるため、お子様のストレスを軽減することができます。

5. まとめ

今回は、2LDKで暮らす場合に適した家族構成や、4人家族で2LDKに住むための工夫などの情報についてご説明してきました。

もちろん同じ2LDKでも、お部屋の広さ、荷物の多さ、お子様の年齢、部屋の用途によって条件は変わってきますが、

4人家族で2LDKに暮らす場合や快適に過ごす方法などのイメージはお分りいただけたのではないでしょうか。

それぞれ用途、居住人数、荷物の多さ、家賃などから、ご自身にあった広さの物件を選ぶことが大切です。

快適に過ごせるお部屋を選ぶ際には、現在の状況だけでなく将来的に長く快適に生活できる物件を探すことが大切です。

ご家族全員にとって快適な空間を確保するためにも、今回の記事を参考にしてみてくださいね。