2LDKに5人家族は住める?狭い間取りを広く使うポイントとは

「2LDKで5人暮らし」と聞くと、かなり狭いように感じますよね。

「部屋が2つとリビングだけで本当に生活できるの?」と思うかもしれませんが、暮らし方を工夫すれば、5人家族でも2LDKに住むことは可能なのです。

今回こちらの記事では、2LDKに5人家族で住むために、狭い間取りを広く使うためのポイントをご紹介します。

1. 2LDKに5人家族で住むことはできる?

2LDKに5人家族で住むことはできます。

5人家族というと、多くの家族構成はお父さん、お母さん、そしてお子さん3人というものになるかと思います。

そして多くは、お子さんが小さいパターンでしょう。

部屋の使い方や家具の配置など、様々な工夫をこらせば、たしかに狭いですが暮らすことは可能になるのです。

お子さんが3人もいると、何かとお金がかかりますよね。

そのため、毎月固定で払う家賃は、少しでも抑えておきたいところです。

特にまだお子さんが小さいうちは、間取りを最小限に抑え、将来のために貯金をしておくのが良いでしょう。

特にお子さんが中学生以降の年齢になってくると、何かとお金がかかってくるものです。

または将来的に一軒家やマンションなどのマイホームの購入を検討している場合は、そのための貯金もしておく必要がありますね。

2. 2LDKでは何人家族まで快適に暮らせる?

それでは、2LDKで快適に過ごせるのは何人家族までになるのでしょうか。

2LDKとなると、個室が2つにリビングが1つになるので、部屋の数は多くないですよね。

だいたいの家庭が1つは夫婦の寝室、そしてもう1つは子ども部屋になるかと思います。

ここでポイントとしては、子ども部屋が何人で使えるのかということになります。

学習机や学校の荷物、洋服など、お子さんの荷物って多いですよね。

これらがきちんと収納できて、遊んだり学習したりするスペースが確保できていれば、快適に過ごせていることになります。

ベッドは場所をとるので、布団を床に敷いて寝るようにしましょう。

やはり快適に過ごせるレベルとなると、4人家族、もしくは5人家族が限界になりそうですね。

これ以上増えると、子ども部屋に限界がありそうです。

プライベートスペースを確保するという意味からも、これ以上家族が増える場合には、3DK以上の物件を選びましょう。

3. 5人家族におすすめの間取りとは?

5人家族で2LDKに住めないことはありませんが、最もおすすめの間取りとはどのようなものでしょうか。

理想としては、やはり子ども部屋が2〜3室はほしいところです。

お子さんは成長するに従って、ほぼ確実だと言ってよいほど個人の部屋が欲しくなります。

4. 狭い間取りでも5人家族が快適に暮らすためのポイント

それでは、狭い間取りでも5人家族が快適に暮らすためには、どのような工夫をしたら良いのでしょうか。

4-1. 常に片付けておく

当たり前ですが、どんなに広い部屋であったとしても、散らかっていては過ごしやすい部屋ではなくなってしまいます。

掃除をおろそかにし、いるものといらないものがごちゃごちゃになってしまっているようでは、スペースもなくなりますし生活がしづらくなりますよね。

使わない家電や家具、いらないものが家にありませんか?

むやみやたらに収納場所を増やせばよいというものではありません。

不要なものを買い込んだり溜め込んだりするのはやめて、家具を最小限にしましょう。

ものが減ればそのぶんスペースを広く使えますし、片付けにも時間がかからないので過ごしやすくなるでしょう。

逆に部屋が広ければ、それだけ収納場所を増やしてしまい、かえって部屋がごちゃごちゃして過ごしにくくなってしまう……ということもよくあります。

広ければ良いというものではなく、いかに省スペースで、きれいな空間を保つことができるかが重要になってきます。

4-2. 家具選びを工夫する

ただ持っている家具を並べるだけでなく、ひと工夫することによって、過ごしやすさも変わってくるでしょう。

まずおすすめなのは、家具を背の低いもので統一することです。

家具が低い位置にあると、天井が高く感じるため圧迫感がなくなります。

また家具をすべて白で統一すると、すっきり開放的な印象になります。

おすすめなのは、北欧家具やホワイトウッド系の家具ですね。

ナチュラルテイストのものもおすすめです。

お部屋にテーマを決めてある程度統一していれば、たとえ狭くても統一感があるため、あまり気になりません。

快適に過ごすことができると思いますよ。

そのほか白以外の色を選ぶのであれば、壁の色と家具の色を同系色にするようにしましょう。

アイボリーなども優しい印象になります。

壁の色と家具の色をあわせることによって、目の錯覚により広く感じることができるようになります。

さらに省スペース家具もおすすめですね。

テーブルを折りたたみ式にしたり、ベッドをソファベッドにしたりなどなど……、機能性も兼ね備えた家具は、住まいをより快適にしてくれます。

どうしたら快適に省スペースのなかで過ごすことができるのか、工夫して選ぶと良いですね。

4-3. 家具配置を工夫する

家具選びのあとは、家具配置も考えましょう。

できるだけ必要な家具を一箇所に集めておいた方が、そのぶんスペースも開くので広く部屋を使うことができます。

もしくは、家具を使って1つの部屋を2つに仕切る、という方法もありますね。

子ども部屋などは特にこれが有効で、兄弟同士で部屋を区切って使うことができます。

本棚などの収納家具を使い部屋を区切れば、ちょっとした個人の部屋として使用することができそうですね。

またリビングも食事をするスペースと、テレビを見ながらくつろぐスペースなどがあると良いでしょう。

4-4. 明るさを大切にする

明るい色は、部屋を広く見せる効果があります。

特に壁の色を明るくしておくのは最も有効ですね。

最も明るく見える壁の色はやはり白ですが、その他パステルカラーやアイボリーなどの色でも良いでしょう。

また、色の明るさはもちろんのこと、光がどのぐらい入るかも重要になってきます。

こまめに部屋の換気をし、自然光を取り入れるようにしましょう。

4-5. 生活導線を確保する

快適に過ごすにあたってかなり重要になってくるポイント、それは「生活導線」です!

まず家具を配置する際、必ず通り道は避けるようにしましょう!

ポイントは、部屋の真ん中に大きなスペースを作ることです。

床面積が多く空いていると、その分部屋が広く感じます。

そして家具を配置するときは、なるべく人の通り道を避けて置くようにしましょう。

そうすることによって部屋の導線がしっかりと確保され、狭くても過ごしやすい部屋にすることができますよ。

さらにコツとしては、部屋のドアを開けて、対角線上にスペースをあけておくことです。

こうすることによって、部屋が広く感じられるでしょう。

5. まとめ

以上が、2LDKにて5人暮らしをするための紹介でした。

確かに5人で2LDKに住むと聞くと、狭いようには感じますよね。

しかし工夫をして暮らすことができれば、広々とまではいかずとも快適に暮らすことができるということがわかりました。

家具の選び方から配置の仕方まで、工夫できることは様々ありそうでしたね。

そしてたとえ部屋が広かったとしても、散らかっていては快適に過ごすことはできません。

部屋をきちんと整理し、すっきりさせることによって、きれいな空間を保つようにしておきましょう。