浜松の2LDK賃貸(マンション・アパート)の家賃相場はいくら?

静岡県内は静岡市のある中部、伊豆、そして浜松市のある西部の3つに大きく分かれおり、浜松市は更に中区、東区、西区、南区、北区、浜北区、天竜区の7つの地区に分けられています。

実は同じ浜松市内でも、浜松駅周辺と山間部とでは雰囲気が全く異なり、交通の便も大きく変わってきます。

一人一台車を所有している家庭も多い地域ですので、公共交通機関が充実していない地区も多くあります。

その代わり自然は豊かでゆったりとした空気を感じることができるなど、都心とは違う魅力にあふれています。

そんな多様な顔をもつ浜松市で探す2LDK賃貸のおすすめポイントをご紹介していきます。

1. 2LDK賃貸(マンション・アパート)の家賃相場【浜松編】

地区ごとに家賃の相場を見ていきましょう。

まずは浜松市役所や浜松駅があり、浜松市の中心部に位置する中区ですが、中区では3万円台~25万円前後まで幅広い価格の賃貸物件が出ています。

その中でも、主に4万円~6万円台の価格帯での物件が多く見られます。

新築でも7万円台で住める物件が多数でていますが、いずれも浜松駅からは遠い物件となっており、浜松駅から徒歩10分以内の物件はいずれも20万円以上となっています。

次に浜北区ですが、大きなショッピングセンターがある他、公園など自然が整備され子育て世帯にも評判が良い区です。

物件の価格としては4万円~15万円台までの物件がでています。

しかし10万円を超す物件はとても少なく、ほとんどが5~6万円台となっています。

次に浜松市の東部に位置する東区、浜名湖に接する西区や北区、海岸部がある南区も同様に多くの物件が5~6万円台となっており、ほとんど同じような価格帯となっています。

山間部の天竜区に関しては4万~6万円台程度の価格帯となっており、浜松市内では最も低予算で借りることができる地域になっています。

2. 浜松で住みやすい街

2-1. 通勤に便利なエリア

浜松市にはJR東海道新幹線、東海道本線、飯田線や地元の交通を支える遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道などの鉄道が走っています。

また鉄道が通る範囲が少ないため、バスや乗り合いタクシーが主な公共交通機関となります。

バスも市内で複数の路線があり、地区ごとに複数のバスが運営されています。

通勤に関しては、電車通勤で他市や他県まで通勤する場合は他市まで連絡する在来線や、新幹線が通る浜松駅周辺が通勤しやすいエリアになります。

勤務先が浜松市内であれば遠州鉄道や天竜浜名湖鉄道が通る中区や浜北区、東区、北区の駅に近いエリアもおすすめです。

しかし勤務先によっては駅からバスの利用が必要になることもあるため、勤務先の近くにある賃貸物件の中から探すということも選択肢の一つです。

また車を利用し、県外や市外に通勤する場合は、国道や高速道路を利用しやすい中区や浜北区、南区、北区、西区なども便利なエリアではないでしょうか。

いずれにせよ公共交通機関で移動できる範囲が限られているため、車の所有の有無により通勤に便利なエリアも大きく変わります。

車を所有している場合は、駅は気にせずに職場との距離で選択するということもいいのではないでしょうか。

2-2. 一人暮らしにおすすめのエリア

一人暮らしには中区をおすすめします。

中区は浜松駅があり、駅周辺にはバスターミナルもあるなど交通機関が充実しています。

遠州鉄道も走っているため、車を所有して移動している人が多い浜松市内でも、公共交通機関を利用して移動しやすい貴重な地域になります。

また市民の約30%が住む浜松市内最大の人口数となる地区のため、山間部などに比べると安心して一人暮らしをすることができる点も魅力の一つです。

名古屋や東京などへ行く際にも浜松駅から新幹線で行くことも可能ですので、長距離の移動が必要な際にも便利です。

また一人暮らしでは体調を崩した際に自分で病院まで行かなければなりませんが、他の地区は比較的病院の数が少なく車を運転して移動しないと病院まで行くことが難しいことが多いです。

しかし、中区は浜松市内でも病院の数が比較的多いため、急病の時などにも安心です。

仕事などで帰宅が遅くなった場合も、コンビニエンスストアなどの店舗や人通りが他の地区に比べて多いので、一人暮らしにもおすすめです。

2-3. 二人暮らし、同棲・新婚におすすめのエリア

二人暮らしや同棲・新婚の人には東区がおすすめです。

東区は東名高速道路が通っており、浜松インターチェンジや国道1号、152号、JR天竜川駅など浜松市の中でも交通の便がいい地域になります。

それぞれの通勤への負担が少なくなるよう環境を整えることができると共に、国道沿いには大型のショッピングモールなど大型店が多数出店しているため、買い物にも大変便利です。

車がない場合は少し生活しにくい部分もあるため、共有の車を購入して買い物やドライブなどを楽しむこともできるのではないでしょうか。

3. 浜松で家賃相場が安い場所・地域ランキング

第1位 天竜区

山間部にあり、浜松市の中心部からは離れている点や、公共交通機関が少ないことから家賃相場も他の地区に比べて安い価格帯になっています。

山間を流れる天竜川がきれいな水を運び、豊かな水に恵まれた山間部は四季折々の自然を楽しむことができます。

田舎暮らしに憧れている人には特におすすめの地域です。

浜松市では移住促進活動をしていますが、天竜区においても移住に関して積極的に働きかけているので興味のある人はホームページをのぞいてみてください。

第2位 北区

浜名湖の北東部にある北区ですが、観光名所が多数あり、自然豊かな環境と歴史ある伝統芸能などが有名です。

今後は東名高速道路と三遠南信道路の整備が進み、北区にインターチェンジとジャンクションが設置される予定です。

利便性が上がるため、今後は家賃相場も上がる可能性はありますが、現在は比較的安い価格帯となっています。

第3位 西区

浜名湖の東側にある西区には浜松西インターチェンジがあり交通の便が良く、観光施設が充実していると共に農産業も盛んな地域です。

大きなショッピングモールがあり穴場ですが、海に近いこともあり、南海トラフ地震による津波被害も懸念されている地域となっています。

東日本大震災後は沿岸部を避けて物件を探す人も増えている影響が家賃にも出ているのかもしれません。

4. 浜松で家賃相場が安い駅ランキング

第1位 曳馬駅(遠州鉄道)

2万円台から13万円程度の物件が出ています。

駅から10分圏内で、築年数が浅い物件でも5万円台で借りることができます。

第2位 上島駅(遠州鉄道)

4万円程度から高くても8万円台で物件が出ています。

駅から近く、築年数が浅い物件は8万円程度必要になりますが、広さも十分にある2LDKが4~5万円台でたくさん出ており、コスパのよい価格で借りることができます。

第3位 助信駅(遠州鉄道)

3万円台から11万円程度までの物件が出ています。

駅から近く、築年数が浅い物件は8万円程度となっていますが、全体的には5~6万円台で探すことが可能です。

5. 浜松で2LDK賃貸(マンション・アパート)を探す方法まとめ

浜松市内でも区ごとに特色が違い、都市部や山間部、浜名湖周辺、海沿いなど多様な生活環境から住居を選択することが可能です。

田舎暮らしも便利な都市部での暮らしも選択できるということは、どちらを選択しても休日には普段の生活圏と違う環境まで時間をかけずに行くことができるとも言えます。

観光名所も多数あり、自然も豊かな環境は住む人を楽しませてくれることでしょう。

近年は郊外にも大型ショッピングモールが多数出店されているため、買い物に大変便利な点も魅力的です。

浜松市で、あなたにあった環境を選び、楽しい新生活を送ってください。