4LDKを2000万円で新築する方法とメリット、デメリットまとめ

2,000万円

4LDKの新築戸建て住宅は、子育て世帯にとっては憧れですね。

もちろん賃貸住宅とは違い、住宅ローンを完済すれば家族の財産になるわけですから、できることなら夢のままではなく、実現したいと思うのは当然です。

でも気になるのは、その建築費ですね。

ローコスト住宅があるとはいえ、どこまで自分たちの希望が叶うのか、ということは気になるはずです。

特に予算が2000万円と決まっているのであれば、その点に不安を持っている人も多いはずです。

そこで今回は、「予算2000万円で、本当に4LDKの新築戸建て住宅が実現できるのか」を徹底検証します。

2000万円で新築住宅を建てるメリット、デメリットのほか、中古住宅購入との比較についても紹介します。

1. 4LDKを2000万円で新築する方法

実際に家を新築するとなると、「土地の購入費」と「家の建築費」の2つがかかってきます。

「すでに土地は購入している」という場合であれば、予算2000万円をそのまま家の建築費に充てるということができます。

そこで気になるのが「本当に予算2000万円で家が建てられるのか?」という点です。

1-1. 予算は施主の希望で決められる

建売住宅の場合は、あらかじめ建物の販売価格が決められています。

この場合は「予算に合った物件を選ぶ」ということが大前提になります。

ただし、注文住宅の場合はその点が違います。

建物を販売しているハウスメーカーには、大手メーカーもあればローコストハウス専門の工務店もあります。

業者選びも大事なポイントですが、ほとんどのハウスメーカーは「建物を建てたい人の予算に応じて提案する」のが基本です。

ですから予算が2000万円と決まっているのであれば、予算内で実現可能な住宅を提案してくれます。

1-2. 一般的に2000~3000万円台の商品が多い

注文住宅の場合、最もバリエーションが多いのが2000~3000万円の商品です。

この価格帯は、新築住宅を建てたい人の予算相場にマッチしているため、商品の内容も充実しているのが特徴です。

ただし予算が2000万円以内となると、実質的には1000万円台の住宅ということになります。

この場合は、建築費を抑えたシンプルなデザインがメインになります。

1-3. 間取りを抑えればその分建築費は抑えられる

間取りが増えれば、その分材料費も手間もかかります。

ですから予算の範囲内で納めたいと考えているのであれば、できるだけシンプルな間取りにする、ということも大事なポイントです。

1-4. 外観もシンプルにするのが費用を抑えるコツ

家の外観は、生活するうえで特に問題になることはありません。

ただし見栄えを重視して「出窓を作る」「ベランダスペースを広くする」「中庭を作る」となると、その分材料費が高くなります。

もちろん足場を組む箇所も増えますから、人件費もかさみます。

こうしたことをできるだけカットして、「シンプル」「スタンダード」な家を目指せば、予算2000万円でも十分満足できる家が建てられます。

1-5. 屋根の形にも予算を抑える方法がある

戸建て住宅の場合、「屋根の形」一つでも予算を抑えることができます。

最もスタンダードな山形の屋根「切妻屋根」は、ローコストハウスの典型的な屋根の形です。

この形はコストを抑えることができるため、予算を抑えたい人に人気があります。

また傾斜が1面に限られた屋根「片流れ屋根」も、ローコストハウスではよく使われるデザインです。

このように屋根の形一つとっても、戸建て注文住宅の建築費は変わります。

理想を追求したい気持ちもわかりますが、予算を抑えるデザインの特徴をしっかりと理解しておくことも大事なことです。

2. 4LDKを2000万円で新築する場合のメリット、デメリット

2-1. シンプルな家だからどのようなテイストの家具とも合わせやすい

予算が限られている分、2000万円の戸建て住宅はシンプルなデザインになります。

ただし「シンプルであるからこそ、どのようなテイストの家具とも合わせやすい」というのが特徴です。

2-2. 新築だからこそ最新の性能を取り入れられる

新築住宅の一番のメリットは、「最新の性能を取り入れられる」という点です。

1000万円という予算では取り入れるのが難しい最新設備も、予算の上限を2000万円まで引き上げれば、設備面ではかなりよい建物ができます。

2-3. 業者選びが難しい

予算の上限が2000万円となると、「どの部分の費用をカットするか」がポイントになります。

大手ハウスメーカーだと、作業そのものは下請け業者に依頼するため、建築費の中に中間マージンが発生します。

さらに内装に使われる材料なども、大手ハウスメーカーが取引している業者からのものとなるため、どうしても割高になります。

これに対して、ローコストメーカーや地元密着型の小規模工務店であれば、中間マージンを極力カットすることができます。

もちろん材料に関しても、予算を重視したものを提案してくれます。

とはいえ、理想通りの家を建ててくれる業者を探すのは、想像以上に大変です。

つまり「業者選びの難しさ」という点が、ローコスト住宅ならではのデメリットといえます。

3. 4LDKを2000万円で新築する場合と中古住宅購入の違い

予算2000万円という限られた予算の場合、「新築で戸建て住宅を手に入れる」と「中古住宅を購入する」の2択で悩む人も多いようです。

実際にこの2つには、それぞれメリットとデメリットがあります。

3-1. 新築住宅のメリット、デメリット

新築住宅は、「すべてが新品」という点がメリットになります。

すべてが新しいからこそ、家に対する愛着も高まります。

また「経年劣化による設備の修復の必要がない」ということも大きなメリットです。

言い換えれば「家の寿命を確実に計算できる」、という点が新築住宅のメリットといえます。

ただし新築ならではのデメリットもあります。

1つは「完成から引き渡しまでの期間が長い」という点です。

これは新築であれば、避けて通ることができないデメリットです。

もう1つのデメリットは、「家具の買い替え費用が高い」という点です。

特に2000万円以内となれば、ローコスト住宅となる分、部屋の形や配置もある程度決められてしまいます。

そのため、現在使っている家具が新築住宅では使えない、ということもあります。

このように「家具の買い替え費用が予想以上にかかる」という点は、新築住宅で見落としがちなデメリットでもあります。

3-2. 中古住宅のメリット、デメリット

中古住宅の場合、「現物を直接見てから購入することができる」という点が最大のメリットです。

図面や写真だけではわからない家の中の様子も、中古住宅の場合は、すでに建物が存在しているので実際に見学して確かめることができます。

そのため、家の実物とイメージが大きく食い違うということがありません。

ただし中古物件ですから、どうしても経年劣化による損傷はあります。

壁紙や外壁の色など、見た目だけの損傷であればリフォームで十分に修復できますが、柱や土台など見えない部分の損傷は、建物の寿命にも大きく関係します。

さらに地域の相場よりも安い物件であれば、「学校や病院、スーパーなどが遠い」「坂道が多い」など環境面で問題がある場合もあります。

こうした諸事情も含めて物件探しをしなければいけない、という手間が中古住宅のデメリットといえます。

4. ローコストメーカー、ハウスメーカー、工務店の選び方

予算が決められているだけに、どの業者に依頼をするのかによっても満足度は変わってきます。

最近注目のローコストメーカーは、ローコスト住宅を得意としているハウスメーカーのことをいいますが、この場合でも業者選びは重要です。

「値段が安い=質が悪い」では、せっかくの高い買い物を無駄にしてしまうことになります。

これに対して大手ハウスメーカーは、実績も多く知名度が高いため、安心できるというメリットがあります。

ただし、建築費の内訳に広告費なども含まれているため、実質材料費として使われる費用が少ないというデメリットもあります。

予算の範囲内で希望通りの家を新築したいのであれば、評判の良い地域密着型の工務店を選ぶのがおすすめです。

地域密着型の場合、「施工済みのお客様の口コミ」は最高の広告です。

つまり「お客様満足度を最優先する傾向がある」、ということです。

ローコストハウスとはいえ夢のマイホームなのですから、「安かろう、悪かろう」では困ります。

安くても質の良い住宅を建てる業者はたくさんありますが、その業者に出会える確率は五分五分です。

そう考えてみると「地域で評判の良い工務店を選ぶメリットは高い」といえます。

5. まとめ

予算2000万円でも新築住宅を建てることはできます。

ただ、あまりにも理想ばかりが膨らんでしまうと、なかなか予算範囲内で収めることは難しくなります。

ですから、2000万円で戸建て住宅を新築する場合は、「シンプルなデザイン」「メリハリをつけて予算を組む」「慎重な業者選び」の3つが成功のカギです。