賃貸物件でのインターネット契約を後悔したくない人向けの記事

新たな賃貸物件に引っ越す場合、インターネットの契約も必要になります。

現代社会において、インターネットは生活必需品に近い存在です。

ゲームや動画視聴、通販などに限らず、仕事や就職活動などもインターネットで行う時代です。

お金の管理もインターネットで作られた銀行で行う時代に入っています。

引越しの際に、インターネットの契約手続きを行わないと、様々な場面で不便になります。

賃貸物件により、利用できる回線も異なりますので、事前の確認が必要です。

本記事では、インターネットを契約する際の流れや、料金を抑えたりキャンペーンを利用したりする方法、住む場所により利用できるインターネットが異なることを解説していきます。

1. 【賃貸物件でインターネット】契約するときの流れは?

引っ越し先の賃貸物件に新たな回線工事を施すには、最長で3週間かかります。

引っ越し予定日の1ヶ月前には手続きを始める必要があります。

まずは賃貸物件探しの際に、そこはどの光回線に対応しているかを不動産屋などに尋ねます。

理想的なのは、引っ越し前から使っている回線が新しい物件でも対応していることですが、そうでない場合は、契約先を切り替えなければいけません。

回線工事は電柱から部屋へ回線を通す関係上、部屋の壁に穴を開けなければいけません。

貸主である大家さんや管理会社に対し、許可を得る必要がありますので、物件を決める段階から尋ねるのがいいでしょう。

次は契約回線の申し込みです。

プロバイダーによって異なりますが、基本的には公式ホームページ、家電量販店や携帯電話ショップなどで可能です。

申し込みフォームに必要事項を入力し、確認の連絡もしくは書類通知を待ちましょう。

申し込み内容の確認、工事日程を知ることができます。工事を承諾すれば、その予定に合わせて開通工事が行われます。

作業は長くて2時間程度ですが、その間本人の立ち会いが必要です。

2. 【賃貸物件でインターネット】料金を抑えたいなら!

インターネットの回線はなるべく予算を抑えた状態で契約したいところです。

以下にインターネットの月額や初期契約料金を安く抑える方法を紹介します。

2-1. 複数のプロバイダーを比較する

引っ越し先の賃貸物件で使える回線のうち、自身が希望するサービス内容を含んだもののなかでどれが最も安いかを知ることが大切です。

現在インターネットでは、複数のジャンルにおいて価格比較が行えるサイトが知られています。

こちらを活用し、お得にインターネット回線契約ができるプロバイダーはどれかを検討しましょう。

2-2. 部屋数が多い賃貸物件を選ぶ

インターネット回線の契約では、賃貸物件の場合、その建物の部屋の戸数が多いほど料金が安くなる傾向があります。

回線にかかる料金は、賃貸物件の建物全体一軒ごとに一律で定められているため、8部屋のアパートよりも、16部屋あるマンションの方が料金が安くなります。

インターネットにこだわりを持っている人は、部屋の戸数が多くてなるべく家賃が安い賃貸物件を選ぶのも手です。

2-3. スマートフォンとのセット割を利用する

インターネット回線によっては、スマートフォンとのセット割というサービスを設けているところがあります。

現在持っているスマートフォンと同じ会社が作っている光回線を利用することにより、お得にインターネットを利用することができます。

2-4. 契約期間について熟考する

インターネット回線の契約には期間の定めがあります。

もし契約期間が終わる前に解約すると違約金を支払わなければならず、余分なコストになります。

引っ越し先の住居に何年住むかを検討することも重要ですが、生活にはいつどのような変化が起きるかを予測することは困難です。

そのため、契約期間はあまり長すぎないようにしましょう。

3. 【賃貸物件でインターネット】キャンペーンを利用するのも手

賃貸物件でインターネット契約を安く済ませたいなら、プロバイダが提供しているキャンペーンに注目するのも重要です。

以下に主なキャンペーンを紹介します。

3-1. キャッシュバック

インターネットプロバイダーには、特定の申し込み方法により、契約成立でキャッシュバックが成立するキャンペーンが存在します。

キャッシュバックされたお金で新生活のための新しい品物を買ったりすることもできますので要注目です。

3-2. 工事費無料、月額料金割引

インターネットプロバイダーのには、工事費が無料になったり、月額料金の割引を受けられたり、条件によって想定よりも安い予算で契約を済ませられるサービスがあります。

キャッシュバックと併用しているものもありますが、申し込み方法によってキャンペーンが異なり、どれか一つしか選べないケースもあります。

キャンペーンの内容はプロバイダーにより違うので、それぞれの公式ホームページを確認してください。

4. 【賃貸物件でインターネット】物件のインターネットの対応状況は?

賃貸物件探しの時点で、希望する物件にはどのインターネット回線が対応しているかの情報を確認する必要があります。

インターネットに対応していても万が一契約した回線がそこに含まれていない場合は、新たに回線工事をする必要があります。

物件によってはそもそもインターネットに対応していないものも存在します。

その場合は回線工事さえできません。

そのため、検討中の物件の大家さんや管理会社に対し、あらかじめ対応している回線の状況を尋ね、それをもとにして引っ越し先を決める必要があります。

5. 【賃貸物件でインターネット】住む場所でも料金が異なる

同じインターネット回線でも、住む場所により料金が異なります。

住んでいる地域が東日本か西日本かにより初期契約料や工事費用が違ったり、マンションやアパートなどの部屋の数が少ないほど月額料金が高くなってしまったりします。

インターネットが完備されている賃貸物件の場合、無料で利用することも可能ですが、マンションの管理組合が 一括で回線契約していると、家賃に上乗せされ、実質無料となっていない場合もあります。

これにより、近隣の他の同規模物件と比べ、家賃が高くなっていることがあります。

インターネット回線自体の初期契約金、工事費、月額を漠然と確認するだけでなく、賃貸物件の条件別の料金の違いについても確認しておく必要があります。

6. まとめ

インターネット回線の契約は申し込みから工事までの期間を考慮し、引越しの1ヶ月前から手続きを始めることが重要です。

賃貸物件を探す地点で、そこに対応している回線について大家さんや管理会社などに質問しておく必要もあります。

契約金や月額費用を少しでも安くするために、キャッシュバック、月額割引などのキャンペーン、引っ越し先の物件でかかるインターネット費用などに注目しましょう。

同じプロバイダによる同じサービスでも、住む場所により料金が異なっていたり、インターネット完備の賃貸物件で費用を問われなくても、家賃に上乗せされている場合がありますので、引っ越し先におけるインターネット料金を想定しておく必要もあります。