引越し先でもパソコンを使って快適な生活をするために必要な手続きをまとめてみました!

パソコン

「引越しが決まった場合、インターネット回線の手続きはどうしたらいいの?」

「お得なサービスを受けるには?」

「メールアドレスは、絶対に変えなければいけないの?」

実はよく知らないパソコンの手続き、ここでは、これらの疑問にお答えします!

1. 引越し時のパソコンの手続きって?

引越しをする際は、様々な手続きが必要です。

簡単にまとめると、次のようなものが挙げられます。

  • 引越し先の決定、物件探し
  • 引越し業者の決定
  • 捨てるものを分別、ゴミ出し
  • 荷物の梱包
  • インターネット手続き
  • 電話手続き
  • 市町村役所への転出届・転入届
  • 水道手続き
  • ガス手続き
  • NHK手続き
  • 自家用車手続き
  • 携帯電話の住所変更手続き
  • 銀行・クレジットカード住所変更手続き
  • 国民健康保険手続き
  • 国民年金手続き
  • 印鑑登録手続き
  • 郵便局手続き
  • 運転免許証手続き

他にも生命保険などに加入している人は、その手続きが必要となるでしょう。

簡単に・・・とはなんだったのでしょう。

 

変更したことを伝える必要がある場合は、個人によって他にもあるかと思います。

特に最近では、インターネット上で住所登録をしている場合にも変更が必要です。

例えばアマゾンやヤフーショッピング、楽天などの住所変更をしていないと、前の住所に荷物が届いてしまいます。

この場合は宅配業者の方にも迷惑ですし、自身も届くと思っていたものが届かないため、不便な思いをすることになりますので注意しましょう。

このような中で、インターネットの手続きを忘れてしまうと、引越し先で非常に不便な思いをしていまします。

したがって、しっかり調べて適切な手続きを行うようにしましょう。

具体的に、まず考えなければいけないのは、今の回線を「継続」するのか「乗り換え」するのかということです。

これについては後に比較しながら詳しく述べたいと思います。

1-1. 解約の仕方

基本的には契約している会社に連絡し、解約する旨を伝え、レンタルしている機器などがあれば返却します。

これで解約完了です。

しかし注意しなければならないのは、解約する場合に「解約手数料」がかかることがあるという点です。

解約手数料にもいくつかありますので、まとめてみましょう。

  • 最低利用期間以内の解約手数料
  • 契約更新月以外の解約手数料
  • プロバイダーの解約手数料

「最低利用期間以内の解約手数料」は、最初に契約した際に、例えば「最低2年は使っていただくと工事手数料が無料」「キャッシュバックあり」などの内容があるケースで、2年以内に解約する場合に発生する手数料のことです。

「契約更新月以外の解約手数料」とは、スマホなどでもよくある契約ですが、「毎月の利用料金の割引を受ける代わりにこの制約がかかります。」という割引契約をしていて、更新月でない場合に解約するとかかる手数料です。

1年、2年、3年などの契約が一般的です。

更新月である場合には、手数料は不要です。

「プロバイダーの解約手数料」は、プロバイダーに支払う解約手数料のことです。

回線業者とプロバイダー業者は、別々に契約している場合があります。

例えば「フレッツ光」のサービスを利用している場合には、必ずどこかのプロバイダーも利用していることになります。

この場合は、回線業者であるNTTと契約しているプロバイダー業者への解約手数料が必要になります。

auひかり、OCN光などの場合は、回線業者とプロバイダー業者が同一であるため、解約先は1社となります。

自身の契約がどうなっているか、改めて調べてみましょう。

また、気をつけなければいけないのがインターネットを解約をしてしまうと、メール接続が停止してしまい、受信と送信ができなくなるということです。

履歴を見ることはできますが、この点は覚えておきましょう。

どうしても同じメールアドレスを引っ越し先でも維持したい場合は、メールアドレスを維持できるプランがありますので、新しい契約先のプランを利用しましょう。

ただし、この場合は有料になる可能性があります。

1-2. 引越し当日にネットが使いたいなら

引越し先で、初日からインターネット接続環境が必要になる方もいるかと思います。

最近ではスマートフォンが一般化していますので、ちょっとした調べものなどはできますが、仕事などの関係で、どうしても必要な場合もありますね。

初日からインターネット環境を使用するには、「事前に申し込みをしておき、工事などを済ませておく」ことが必要になります。

気をつけなければならないのは、工事の予約が混雑している時期は、こちらが希望する日を選択できない場合があることです。

特に、3月や4月上旬までは非常に混雑することが予想されますので、早めにスケジュールを組んでおいたほうが良いでしょう。

2. 今の回線を継続? それとも乗り換える?

引越しが決まった場合に、インターネット接続のことで考えなければならないのが、今の回線を「継続」するのか「乗り換え」するのかということです。

2-1. どちらがお得?

一般的には、現在の契約を解約して、新規契約の割引サービスやキャッシュバックを受けた方がお得です。

しかしながら結局のところ、「継続」するのか、「乗り換え」するのか、得をするのかどうかは、自身の契約しているインターネット回線の「更新月かどうか」によるところが非常に大きいのです。

前述したように、解約手数料が多額にかかる場合は「継続」するのが無難でしょうし、計画した上での引越しであれば、インターネット回線の更新月であり、解約手数料が不要の場合もあるかと思われます。

解約手数料がいくらかかるか、「乗り換え」を行った場合、毎月の回線通信費がいくらかかるかをトータルで計算して考えてみましょう。

また、計算する場合に注意しなければならないのが、集合住宅から戸建てへ引越しするときです。

この場合、「継続」でも基本料金が大幅に上がる可能性がありますので、気をつけてください。

また、前述したように「乗り換え」の場合は、メールアドレス変更になる場合もあると思いますので、その辺りを考えて検討してみましょう。

ヤフーメールやgmailなどのフリーメールを利用している方であれば、気にする必要はないかもしれません。

2-2. どちらが楽?

楽なのは、「継続」する方でしょう。

現在使っているインターネット環境を別の場所で使用するだけなので、メールアドレスの変更などをする必要がありません。

しかしサービスによっては、都市では提供されている回線サービスが、地方では提供されていない場合があります。

そのときは「継続」するという選択肢がそもそもないため、「乗り換え」をするしかないケースもあります。

3. 継続する時に注意したいこと

継続する時に注意したいのは、新しい引越しで魅力的な料金でサービスを受けられるインターネット業者があるかどうか、ということです。

これについては、しっかり調べておいた方が良いでしょう。

最近では魅力的な料金設定だけでなく、付属サービスも非常に良いインターネット業者が多数あります。

たとえば固定電話が低額で利用できたり、セキュリティサービスが無料であったり、映像サービスが低額でオプション選択ができるなど、最近ではインターネット回線にも付属サービスが充実しています。

「継続」するから関係ない、というスタンスでは損してしまうかもしれませんので、調べてみてトータルで判断するのが良いでしょう。

4. 乗り換え時に注意したいこと

乗り換え時に注意したいことは、前述したように、解約手数料がどれくらいかかるのか、ということです。

特に急に引越しが決まった場合は、更新月でないことがほとんどでしょうから、解約手数料が想像以上にかかることがあります。

また、これも前述していますがメールアドレスの問題もありますので、この辺りはクリアしておきましょう。

5. まとめ

以上をまとめると、引越しが決まったらまず、インターネット回線を「継続」するか、「乗り換え」するかを総合的に検討して決める必要があるということです。

自身の環境によって、どの選択が最も適切であるかは自身が判断する必要があります。

時間がかかるかもしれませんが、しっかり計算しましょう。

また最近では、インターネット回線業者が提供するサービスも、魅力的な料金やコンテンツが多くなりました。

このあたりも確認し、引っ越し先で快適な環境で生活できる準備をすすめましょう。