【引越し手続き】忘れてはいけないクレジットカードの手続き

クレジットカードの使用

引越しをすることになったら、引越し業者との連絡や荷づくり、役所の手続きや各種ライフラインの移転手続きなど、やることは盛りだくさんですね。

多くの人がクレジットカードを持っている今日この頃ですが、引越しのときにクレジットカードの住所変更が必須であると知っている人は、意外に少ないのではないでしょうか。

引越しは、引越し費用以外にも何かと出費がかさみます。

クレジットカードを利用する方も多いのではないでしょうか?そんな出費がかさむ時にクレジットカードが急に利用できなくなると困ってしまいますよね。

今回は、引越しに伴うクレジットカード関連の手続きについて解説していきましょう。

1. 引越しの際のクレジットカードの手続き

クレジットカードを持っている人は、引越しにより住所が変わったら、住所変更手続きを必ず行いましょう。

カード会社によって若干の違いはありますが、手続きは簡単です。

住所変更をしないでいると、重要な書類が届かないだけでなく、カードが使えなくなってしまうことがあります。

他の手続きに比べ、クレジットカードの住所変更は忘れやすいので注意しましょう。

1-1.住所変更手続き

具体的な手続き方法については、クレジットカード会社のホームページにも載っていますし、電話での問い合わせも可能です。

一般的には、窓口や電話、郵送やインターネットで手続きをすることができます。

1-2.窓口や電話での手続きの場合

クレジットカードの裏側を見てみましょう。署名欄、セキュリティコードなどがあり、一番下のほうに、カード会社名と問い合わせのための電話番号が書いてあります。

電話番号は、カード会社のホームページにも記載されています。

この番号に電話をかけ、住所が変わった旨を伝えます。

カード番号や現住所などを手元に用意しておきましょう。

多くの場合、音声案内に従って、手続きを行います。

タイミングによっては電話が混み合い、なかなかつながらない場合もありますので、手続きは余裕をもって行いましょう。

電話で直接に住所変更ができる場合と、電話で住所変更のための書類を請求し、記入のうえ投函する場合があります。

店頭窓口がある場合は、窓口で住所変更の手続きをすることもできます。

窓口のあるカード会社は多くはありません。

本人確認書類や印鑑が必要な場合がありますので、確認してから手続きに行きましょう。

1-3.郵送での手続きの場合

郵送で手続きする場合、まずは電話かインターネットを通して、変更届を請求します。

変更届が届いたら、必要事項を記入したうえで投函します。

郵送の場合は、電話やインターネットで直接手続きするより多少時間がかかりますので、余裕をもって手続きをしましょう。

1-4.インターネットで手続きの場合

多くのクレジットカード会社では、インターネット上での手続きが可能です。

インターネットで住所変更をする場合、まずはカード会社のホームページから、会員登録を行います。

登録した後、IDとパスワードでログインし、必要事項を入力して住所変更を行います。

個人情報を送信するので、使用するパソコンやインターネット回線のセキュリティにはくれぐれも注意しましょう。

2. 引越しと同時に名義が変わる場合

住所だけでなく、結婚などに伴って姓が変わるときは、クレジットカードの名義変更も行う必要があります。

住所変更と同時に行いましょう。また、同時に引き落とし口座の名義や電話番号、勤務先などの変更が必要な場合もあるので確認しましょう。

旧姓のままのクレジットカードを使っていると、サインや口座名義、パスポートとの違いにより不正利用を疑われることがあります。

また、更新の際に新しいカードが届かないことがあります。

3. 住所変更を忘れていたらどうなるの?

住所変更手続きは必ず行いましょう。

クレジットカードの住所変更をしないでいると、請求書や利用明細など、個人情報満載の書類が旧住所に届いてしまいます。

カードの利用明細をオンラインで確認している場合でも、他の重要な書類や更新の際の新しいカードが旧住所あてに届いたり、クレジットカード会社に返送されたりする場合があります。

特に、更新時の新しいカードは、郵便局の転送サービスの対象外ですので、新住所に転送されてくることはまずありません。

クレジットカードは、カード会社と利用者の間の信用のうえで成り立っている後払いのシステムです。

住所や名義の変更を怠っていると、カード会社から問い合わせがくることがあります。

放置すると信用を失ってしまい、解約のリスクもあります。一度信用を失ってしまうと、再契約ができないことがあります。

4. 引越し時クレジットカードが使えない!そんなトラブルを避けるには?

引越し時期はバタバタする時期だからこそ、現金は手元に置かず、クレジットカードを有効利用するという人も多いでしょう。そんな時に、何らかの理由でクレジットカードが突然使えなくなると困ってしまいます。

クレジットカードは、突然使えなくなることが結構あります。

どのような理由で使えなくなるのか、またそのような場合どうしたらよいのかを知っておきましょう。

クレジットカードが突然使えなくなる主な原因と対策は以下の通りです。

4-1.利用限度額オーバー

引越し時期は、引越し代金の支払いや家具の購入など、高額の支払いを何度も行うことがあります。

利用限度額オーバーにより、カードが利用停止にならないよう、前もって利用限度額を確認しておきましょう。

特にリボ払い・分割払いの場合に利用限度額オーバーになりやすいので、計画的に利用しましょう。

4-2.高額商品の購入、海外での利用

利用限度額に達していないのに利用停止になった場合、いつもと異なる使い方をしたために不正利用防止措置がはたらいて利用停止になっていることがあります。

このようなときは、カード会社に問い合わせてみましょう。

4-3.引き落とし口座の残高不足

残高不足で引き落としができないと利用停止になってしまいます。

クレジットカードを利用したい時に利用できないということがないように、必ず引き落とし口座の残高を確認しておきましょう。

4-4.カードの有効期限切れ

いま使っているクレジットカードの有効期限をご存じですか?前もってカードの有効期限を知っておき、引越し時期に重なるようならカード会社に早めに連絡をして、新しいカードを確実に受け取れるようにしておきましょう。

4-5.暗証番号の入力ミス

引越し時期にバタバタと忙しくしていると、暗証番号を度忘れしてしまうこともあるかも知れません。

入力の際に3回間違えると、ロックがかかり、使えなくなってしまいます。そんな時は、サインに切り替えて支払いができる場合があります。

4-6.カードの損傷

磁気部分やICチップの損傷が原因でカードが使えなくなることがあります。

カードを磁気の強いものや家電に近づけないようにしましょう。

新しいカードへの変更が必要ですので、カード会社に連絡をしましょう。

5. まとめ

いかがでしたか?

つい忘れてしまいがちなクレジットカードの住所変更ですが、手続きはとても簡単ですね。

住所変更をしないでいると、さまざまな不具合が起こるので、必ず手続きをしましょう。

クレジットカードは、利用する人とカード会社との信用のうえで成り立っています。

きちんと手続きをして、正しく使うことで、引越しのときも活躍してくれることでしょう。