引越しトラブルを防ぐには見積書の確認が大切、引越し手続きから業者選びまでの流れを大公開

新しい住まいに引っ越すときにはワクワクするものです。しかし、それ以上に引越しを行うことに不安を感じる人もいます。

引越しのためにしなければいけないことも多いため、どの時期にどんな準備をすれば良いのか悩むこともあります。

今回は引越し先を決めた後から引越しのまでの流れについて紹介します。

1. 【引越し手続き】引越し業者決定~引越しまでの流れ

引越し先を決めた後は、引越しの準備をする前に以下のことを行います。

・現在住んでいる賃貸契約の解約

住んでいる部屋が賃貸住宅の場合には退去を決定します。

契約している部屋にもよりますが、賃貸契約の解約には遅くても1カ月以上前まで、2カ月前までの連絡が必要となります。

連絡は部屋の管理会社、または大家に連絡し、部屋の退去日を決めます。

退去日には大屋または管理会社との立会いと、部屋のカギの返却が行われます。

・ライフラインの解約

退去日が決まったら、次にガスや水道や電気などのライフラインの解約をします。

電気とガスについては、インターネットまたは電話で解約手続きを行うことができます。

水道についてはインターネットや電話のほか、各地域の水道部の窓口でも解約の手続きを行うことができます。

電気の解約の手続きを行う際には、手元に電気使用量のお知らせや領収証があると、本人確認をスムーズに行えます。

電気の解約は、基本的にはブレーカーを落とすのみで立会いなどはありません。

ガスの解約の手続きを行う際には、手元にお客様ガス番号が記載されている検針票や領収証があると、本人確認をスムーズに行えます。

ガスについては自分で閉栓することはできませんので、必ずガス会社へ連絡する必要があります。

水道の解約の手続きを行う際には、お客様番号が記載されている領収証や検針票があると、本人確認をスムーズに行えます。

1-1. 引越し日を決める

現在住んでいる部屋に関する解約手続きを終えたら、次に引越しの具体的な日付を決めます。

引越しの日付を決める際、一般的には1カ月~2カ月後先の日付で決める場合がほとんどです。

仕事や学校の授業のない日付を選ぶのが一般的ですが、引越し当日だけでなく、引越し前日や引越し後などについて時間を作るようにします。

特に引越し前日は準備を全て整えておく必要があります。

引越しの日付は、現在使用している部屋の退去日に近い日付にすれば家賃の発生の時期が重なることがありません。

ただし、引越しの日付と部屋の退去日を同じ日にするのはお金を損する可能性があります。

これには、部屋の原状回復が大きく関係しています。

退去日の当日には部屋のカギを返却するだけでなく、大家さんや管理会社との立会いも行われます。

そして部屋の汚れ具合や天井や床、壁などに損傷がないかなどを入念に確認します。

もし部屋を最初の状態にまで戻すことができなかった場合、敷金が返還されないだけでなく、ハウスクリーニング費用などの退去費用を請求されることもあるのです。

引越しの日付が決まったら、早速引越しの準備に入ります。

引越し準備でまず行わなければならないものは不用品の処分です。

ピアノなどの大きな品物などは引越し先に運ぶのも不便ですし、費用がかかるため処分したいと考えることもあります。

またエアコンや冷蔵庫のなどの古くなった電化製品も、引越しの機会に新たに買い換える場合もあります。

不用品に関しては、フリーマーケットやインターネットのオークションサイトを使って個人で売買することも可能です。

引っ越しまで時間がない場合には、不用品回収を行っている業者にお願いすることもできます。

ただし家電などは回収のための費用が発生することもありますので、あらかじめ業者に確認しておくと安心です。

不用品回収業者以外には、清掃事務所に粗大ゴミの収集をお願いする方法もあります。

粗大ゴミの場合、街によっては事前予約などの依頼が必要な場合もありますので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

1-2. 引越し会社に見積もりを依頼

次に、引越し会社に見積もりを依頼します。

引越しの会社への見積もりは引越し予定日の2週間前~1カ月前に連絡するのがベストです。

単身者の引越しの場合には、荷物もあまり多くなく、作業員も1名か2名の人数で間に合うことがほとんどです。

そのため日程の調整も容易で、見積もりの依頼を急ぐ必要はなく、2週間前でも見積もりでも十分に間に合います。

ただし3月や4月の引越しのシーズンは予約がいっぱいになる可能性もあるため、1カ月前には見積もり依頼をするほうが無難です。

家族の引越しの場合では、荷造りのための準備も単身者と比較してかなりの時間がかかります。

そのため荷造りの準備を始める前に引っ越し業者に見積もりを行うようにして、ダンボールなどの梱包できる資材を手配するようにしましょう。

また作業員の数も3人から4人を確保する必要があるため、早めの連絡が必要となります。

そのため遅くとも、2週間以上前には見積もりの依頼を行うようにしましょう。

引越し会社への見積もり方法には電話、インターネット、訪問の3種類があります。

・電話での見積もり

電話での見積もりの場合、オペレーターが聞き取り調査をします。聞き取り内容としては、

  • 引越し日
  • 引越し作業の開始時間
  • 引越元と引越先の住所
  • 荷物の種類と数量
  • 処分品の有無

などの確認があります。

また設置されたエアコンを取り外す場合や、引越し業者の作業員が荷物を梱包する場合には別途依頼が必要となります。

冷蔵庫や洗濯機などの電化製品、たんすやソファーなどの家具については、1点1点の高さや長さや幅などを詳細に聞かれますので、すぐに答えられるようにあらかじめ確認しておきましょう。

特に計測の間違いや総重量などの間違いなどがあると、引越し当日にトラックに乗り切らないこともありますので正確に伝えるようにしましょう。

・電話での見積もりを依頼した場合のメリットは?

1. 引越し当日まで部屋を見られないのでプライバシーを保てる

家族の引越しの場合にはそれほど問題はありませんが、若い一人暮らしの女性の引越しの場合、調査で部屋を見られることに抵抗がある方もいます。

また引越しの見積もりのために訪れる営業の方はほとんどが男性なので、対応しづらいこともあるでしょう。

電話での見積もりの場合には、引越し当日までは訪問されることは無いので安心して引越しの準備ができます。

2. 見積もりの時間が早い

電話での見積もりの場合には聞き取りのみで金額が決定しますので、30分以内には見積もりが完了します。

見積書についてもメールや郵送で送付してもらえますので非常に便利です。

忙しくて見積もりのため時間がなかなか取れない方にはおすすめの方法です。

・インターネットでの見積もり

引越し会社のサイトへログインして、荷物の総量や大きさなどの基本情報を入力します。

するとすぐに引越し料金を把握することができます。

ここでも、荷物についての正確な情報の入力が必要となります。

電化製品や家具などについての正確な総量の入力は必要ですが、それ以外にも自転車や冬用タイヤなどの倉庫に保管してある荷物についても申告が必要になります。

・インターネットでの見積もりを依頼した場合のメリットは?

1. いつでも好きなときに見積もりができる

インターネットの場合には時間を選びませんので、早朝や夜中など好きな時間に見積もりの依頼をすることができるので非常に便利です。

仕事や学校などで忙しく、昼間に時間の作れない方にはおすすめの方法です。

2. 気軽に見積もりができる

初めて引越しをされる方は、引越しの会社に依頼した場合のおおよその費用を把握するのが難しいです。

ネット申し込みの場合、オペレーターや営業の方と直接話をする機会はないので気軽に依頼することができます。

いくつかの引越し会社の見積もり金額を確認してから、改めて引っ越し会社を選ぶことができるので、なるべく焦らずに引越し会社を選びたい方にはおすすめです。

・訪問での見積もり

訪問見積もりではあらかじめ引越し業者にアポイントを取り、引越し担当の営業の方を自宅に招きいれて見積もりを依頼します。

見積もりは引越しのプロでもある営業の方が1個1個正確に測りながら見積もり金額を出します。

訪問の見積もりの場合には30分から1時間ほどかかる場合もありますので、訪問前にスケジュールを調整する必要があります。

訪問の場合でも見積もりは無料で行われることがほとんどです。

・訪問での見積もりを依頼した場合のメリットは?

1. 引越しでミスが出ない

訪問の見積もりの場合には、正確に総量や荷物の総数を計算しますので正確です。

引越し当日にトラックに荷物が入りきらないことや、荷物を載せられないといったトラブルはほとんど起こりません。

引越しをストレス無く行いたいという方にはおすすめの方法です。

2. 安く引越しが行える

電話やインターネットでの見積もりの場合には、万が一のトラブルを避けるために引越し当日に大きいトラックで来る場合があります。

もちろんトラックのサイズが大きくなると引越し費用も高くなります。

訪問で見積もり依頼をすれば無駄な費用が無くなり、その結果安い金額で引越しを行うことができます。

・インターネットの一括見積もりサイトも便利

電話やインターネットや訪問以外の方法を行う前に、引越しの一括見積もりサイトを使って、業者ごとに引越しの金額を知ることもできます。

一括見積もりサイトを利用すると、複数の引越し会社に対して見積もりの依頼できるので、結果的に一番安く見積もり金額を出した業者を選ぶこともできます。

引越しの費用をなるべく安く抑えたい方にはおすすめの方法です。

1-3. 引越し業者を決定

引越し業者と契約する際は、すぐに引越し当日の打ち合わせを行います。

当日になってトラブルが発生しないように疑問があれば何でも相談するようにしましょう。

引越し会社との打ち合わせは基本的には契約時のみで、引越し当時までに連絡をもらうことはあまりありません。

そのため、ダンボールなどの引越し資材の相談や引越しの荷物についての相談などがあれば、遠慮せずに何でも聞くようにしましょう。

2. 引越し業者に見積もりを出す際に準備すべきこと

引越し業者に見積もりを依頼するときには、前もってどのくらいの荷物があるかを把握しておくことが大切です。

訪問見積もりでは営業の方が調査するので問題はありませんが、あらかじめどのくらいの荷物があるのかが分かれば交渉がスムーズに進みます。

複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼する場合には、訪問する時間にも配慮を払いましょう。

引っ越し業者の訪問が被らないために、訪問と訪問の間に最低でも1時間の空き時間を設けるようにしましょう。

訪問見積もりを依頼したからといって、部屋を片付ける必要はありません。

むしろ部屋をそのままにしているほうが引越し業者にとっては荷物の総量を把握しやすい場合もありますので、部屋の状態についての心配は要りません。

3. 見積もりでチェックすべきポイント

引越し業者に見積り依頼をすると必ず見積書を受け取ります。

見積書を確認するときには次の5つの点に注目しましょう

3-1. 引越し料金と運賃

引越し料金を確認するときには、費用の詳細についてチェックするようにしましょう。

引越し料金には、作業員の人数とそれぞれの人件費、引越しで使用するトラックの大きさと運賃が記載されています。

引越し料金が安い場合でも、作業員の人数が荷物の総量と比較して少ない場合には作業時間がかかる場合もあります。

運賃については距離で計算する場合と、時間で計算する場合があります。

多くの引越し業者では距離で運賃を計ります。

3-2. 作業内容

見積書には引越し業者が引っ越し当日に行う作業内容が細かく記載されています。

例えば、作業員が家具や電化製品の設置を行うのか、また作業員が荷造りや荷解きについても行うのかが記されています。

見積書に記載されていない作業を依頼すると、追加料金も発生する場合もありますので注意が必要です。

3-3. 引越しで使用される梱包剤

引越し業者が使用する梱包剤には、気泡緩衝材やダンボールや布テープなどがあります。

見積書には、梱包材にどれほどの金額がかかっているかが記載されているので確認するようにしましょう。

引越し業者によってはサービスでダンボールを無償提供している場合もあります。

3-4. キャンセル料金

見積書には引越しがキャンセルになったときのキャンセル料も記載されています。

多くの引越し業者では引越しの前々日までは無料の場合が多いですが、引越しの前日や当日のキャンセルについては10%~20%のキャンセル料金をとられる場合がほとんどです。

見積書を見るときにはキャンセル料金についても確認しておきましょう。

3-5. 引越しでの荷物の保障

引越しの途中に何らかのトラブルで、荷物が紛失したり破損したりする場合もあります。

そうした場合、業者がどこまで保障するかを確認しておくのは大切なことです。

多くの引越し業者は運送業者貨物賠償責任保険に加入していますが、補償額の上限が決まっている上に、保障されるケースとされないケースがあります。

見積書を受け取った時は、保障内容についてもチェックをしておきましょう。

4. 引越し業者に依頼する際に注意すべきこと

引越し業者に依頼する際には注意すべきことが4つあります。

4-1. 引越しには繁忙期と閑散期がある

3月から4月にかけては、引っ越しシーズンと呼ばれる繁忙期になります。

日本では4月が新年度の始まりで、入社式や新学期も全てこの時期に行われるため、就職や入学の機会に引越しをする人が多くなります。

逆に閑散期は11月から12月上旬で、多くの引越し業者がこの時期にかけてキャンペーンを行っています。

一例として3人家族が引越しをした場合に、閑散期の引越し料金は約80,000円ほどですが、繁忙期になると約150,000円にまで上がります。

閑散期と繁忙期では約70,000円もの開きがありますので、時期を選べる方は冬場に行うほうがおトクです。

4-2. 引越しは月初めがおトク

季節以外にも引越し料金は変化することがあります。

多くの方は、以前に住んでいた賃貸の部屋を月末締めで契約しています。

また転勤などで引越しされる方は月末締めで移動することがほとんどです。

これにより中旬から月末にかけて引越しが集中するため、月初めに行うほうがおトクになることがあります。

一例として3人家族が引越しした場合に、月末の場合には約57,000円かかる引越し料金が、月初めの場合には約49,000円に値下げされています。

月初めと月末では約10,000円の開きがありますので、月初めの引越しを狙うようにしましょう。

4-3. 六曜を気にする人もいる

日本では冠婚葬祭や引越しなど、人生の転機の時期で六曜を選ぶ人も大勢います。

六曜の中で一番人気があるのは大安の日で、引越しでもあえて大安の日を選ぶ人もいます。

そのため大安の日は比較的予約が埋まりやすい傾向があります。

その一方で、仏滅の日に引っ越し避ける人もいます。

引越し業者では仏滅の日に予約が埋まりにくいため、通常よりも安い引越し料金を設定している業者もあります。

4-4. 引越し業者が許可業者か?

引越し業者を選ぶ上で一番大切なこととして、引越し業者が許可業者かという点があります。

引越しの事業を行うためには、国土交通大臣からの一般貨物自動車運送事業の許可を受ける必要があります。

しかし引越し業者の中には、無許可で引越しの事業を行っている場合もあります。

そのような業者に依頼した場合には、荷物の破損などのトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

一般貨物自動車運送事業の許可を受けた引越し業者の見積書には、必ず許可番号が記載されていますので必ず確認するようにしましょう。

5. まとめ

引っ越しは、人によっては人生でもそれほどないイベントのため、不安に感じることもあります。

しかし、引越しの決定から当日までの段階を確実にこなせば、トラブルも無く行うことができます。

特に業者選びは引越しの成功に大きくかかわる部分ですので、見積もり依頼から慎重に検討するようにしましょう。

引越しの時期を閑散期や月初めに行うことや、複数の引越し業者の見積もりを比較検討することによって安く引越しを行うこともできます。