賃貸における火災保険とは?あなたにぴったりの火災保険を見つけよう

保険比較

1. 賃貸で火災保険は入るべき? 相場はいくら?

そもそも、賃貸でも火災保険には入るべきなのでしょうか。

結論から言うと、入るべきです。

賃貸における火災保険について、順を追って説明していきます。

火災保険には建物を補償するものと、家財を補償するものがあります。

このうち借主となるあなたに関係があるのは、家財を補償する火災保険です。

建物を補償する火災保険は大家さんが入るものだからです。

「家財」聞きなれない言葉ですが、とても身近なものです。

冷蔵庫やエアコンなどの家電製品、テーブルや棚などの家具、洋服その他日常生活に欠かせない物をまとめて「家財」と呼びます。

近隣住民が火事を起こし延焼してあなたの部屋の中の家財が焼けてしまったら、どうすればよいでしょうか。

近隣住民に損害賠償を請求すればよいと考えるかもしれませんが、それは原則としてできません。

失火責任法という法律により、火事を起こした人に重大な過失がなければ責任を負わないことになっているからです。

このように、自分の家財は自分で守るしかありません。

そして自分の家財を守るための有効な手段が、火災保険への加入なのです。

火災保険を選ぶとき、もっとも気になるのは火災保険料の額ではないでしょうか。

火災保険料の相場は、1年あたり5,000円~1万円です。

補償される金額が大きくなるほど、また対象となる事故の範囲が広くなるほど、火災保険料が高くなるという関係にあります。

2. 火事を起こしてしまったら賠償責任は?

万が一、賃貸契約期間中に借主が火事を起こしてしまったら、誰に対して損害賠償をしなければならないのでしょうか。

前述したように、重大な過失がなければ近隣住民に対しては賠償責任を負わないのでしたね。

しかし大家さんとの関係ではそうはいきません。

借主は、賃貸契約が終了したときに、部屋をもとの状態にして大家さんに返す義務(原状回復義務)を負っています。

火事によって部屋の一部が焼けてしまったら、修理するための費用を支払う必要があるということです。

仮に借主がその費用を支払えないとなれば、大家さんに損害が発生します。

賃貸契約のときに支払う敷金は原状回復のための費用に充てられますが、火事によって部屋が焼けてしまったような場合、敷金ではとても足りません。

借主が火災保険に入っていれば、保険会社が借主の代わりに費用を支払ってくれるので、大家さんは安心して部屋を貸すことができるのです。

3. 火災保険は誰のために入るの?

火災保険は誰のために入るのでしょうか。

もちろんあなた自身のためでもありますが、それだけではありません。

ここまで読んできたあなたは、もうおわかりでしょう。

そうです、大家さんのためでもあります。

また他人のためでもあります。

賃貸における火災保険は、家財保険・借家人賠償責任保険・個人賠償責任保険の3つがセットになっています。

あなたの家財を火災などから守るための火災保険(家財保険)は、あなた自身のために入るものです。

あなたが支払うべき原状回復費用を補償するための火災保険(借家人賠償責任保険)は、大家さんのために入るものです。

日常生活におけるトラブルで、あなたが他人に対して負うこととなった損害賠償金を補償するための火災保険(個人賠償責任保険)は、他人のために入るものです。

家財保険はあなた自身のために入るものなので、自分さえよければ入らなくてもよいのでは?と考えるかもしれません。

しかし、借家人賠償責任保険と個人賠償責任保険は、家財保険に特約として付けるものなので、家財保険に入らず他の2つに入るということはできないのです。

個人賠償責任保険は、重複加入になりやすい保険です。

家財保険のほか、自動車保険や傷害保険の特約として加入することが多いので、知らない間に加入している可能性があります。

重ねて加入することにならないよう、個人賠償責任保険にすでに加入していないか、必ず確認しましょう。

4. 賃貸の火災保険でおすすめは?

賃貸の火災保険は、非常に多くのプランがあります。

その中から自分に合ったものを探すのは大変だと思うかもしれません。

賃貸契約で忙しい時期に、火災保険選びに時間をかけていられない!

……そんなあなたも、インターネットを利用すれば時間や手間をかけずに自分に合った火災保険を見つけることができます。

火災保険料や補償内容の違いをまとめた火災保険の比較サイト、条件を指定するだけで自分に合った火災保険がわかるサイトなど、便利なサイトがたくさんあります。

積極的に活用しましょう。

自分に合った火災保険を見つけるためには、各火災保険の補償の対象となる事故を比較するとよいです。

火災・落雷・風災・破裂はほとんどの火災保険で補償されますが、水災・破損が補償される火災保険は限られています。

補償の対象となる事故の範囲が広い火災保険を選ぶと、いざというときに役立つでしょう。

家財保険について、家財の補償額をいくらにするかは悩みどころです。

保険会社のサイトには、同居する人数と年齢から家財の評価額の目安がわかる簡易評価表がありますが、あくまでも目安です。

簡易評価表は参考程度にとどめ、「家財をすべて買い直すといくらかかるか」を具体的に計算してみるのがおすすめです。

ひとり暮らしでそれほど高価な家財がなければ、300万円もあれば十分なのではないでしょうか。

不動産会社がすすめてくる火災保険には、家財の補償額が1,000万円を超えるようなものもあります。

家財の補償額が大きくなるほど、火災保険料も高くなります。

あなたにとって本当に必要な補償額はいくらかを把握して、余分な火災保険料を支払うことにならないようにしましょう。

万が一あなたが事故を起こして賠償責任を負った場合、損害賠償金の額や支払い条件などを相手方と話し合うことになります。

この話合いを示談交渉といいますが、示談交渉サービス付きの火災保険に加入すると、保険会社があなたの代わりに相手方と話合いをしてくれます。

万が一に備えて、示談交渉サービス付きの火災保険を選んでおくのが安心です。

具体的な保険会社を挙げると、火災保険料の安さを重視するなら日新火災。

水災・破損の補償があることを重視するなら三井住友海上。

示談交渉サービス付きであることを重視するなら富士火災がおすすめです。

5. まとめ

賃貸契約にかかる初期費用をできるだけ抑えたいと考える人は、家賃や敷金、礼金が安い物件を探しますが、火災保険は盲点になりがちです。

火災保険料の安い火災保険を選ぶことも、初期費用を節約するためのひとつの方法だということを覚えておきましょう。

火災保険を自分で探すことのメリットは初期費用の節約だけではありません。

さまざまな火災保険を比較検討する中で、どんな事故が起きたときに火災保険が使えるのか、ということが自然と理解できます。

火災保険が使える場面なのに使わなかった……というのは非常にもったいないことです。

火災保険選びは火災保険がどんなときに役立つのかを知ることができる、絶好の機会です。

新しい部屋で安心した生活を送るために、あなたにぴったりの火災保険を見つけましょう!