引越しをすることになったら、しなければならない手続き〜水道編

引越しをするときは、ライフラインに関する様々な手続きを行っていかなければなりません。

電気、ガスに加えて水道も、忘れてはいけないもののひとつです。

引越しの際の水道の手続きは、どのようなことをしなければならないのでしょうか。

また、手続きはいつまでに終わらせなければいけないのでしょうか。

引越しの際の水道に関する手続きについて、詳しく紹介していきます。

1. 引越しをする際、水道の手続きについて

引越しをするとき、これまで使っていた家での水道を使用停止する手続きをしなければなりません。

水道を停止するといっても、引越し当日も掃除やトイレなどで水は使いますね。

では、引越し前にどのタイミングでどうやって、水道を停止する手続きをすれば良いのでしょう?

2. 水道の使用停止の手続き

引越し元の水道は、必ず使用停止してから引越ししましょう。

使用停止手続きを忘れてしまうと、引越ししてからも前の家の水道代の基本料金をずっと払い続けなければなりません。

2-1. 申込み時期

水道の使用停止の手続きは、管轄の水道課や水道局へ電話もしくはインターネットで申請します。

申し込み時期としては、引越しの1週間前から遅くても2日前までには連絡をしましょう。

2-2. 手続き方法

水道の使用停止手続き方法は、以下の方法があります。

・電話で届け出をする

市区町村役場または地域の上下水道局お客様センターに電話して、水道の使用停止を申し出ます。

・ファックスで届け出をする

市区町村役場のホームページで、水道の使用停止についての申し込み用紙をダウンロードできます。(インターネット環境とプリンターが必要になります)

現在住んでいるところから管轄エリア外に引越しする場合も、市外転出・閉栓・使用中止の申し込みをすることになるので、専用の申し込み用紙があります。

申し込み用紙をダウンロードして、必要事項を記入し、市区町村役場の上下水道局お客様センターにファックスで、水道の使用中止を申し出ます。

・インターネットで届け出をする

市区町村役場または地域の上下水道局お客様センターのインターネットサイトから、水道の使用停止についての申請をすることができます。

2-3. 必要な情報

水道の使用停止手続きをするときは、お客様番号が必要になります。

お客様番号は、使用水量・料金のお知らせや、検針票、領収書に書かれているので、チェックしておきましょう。

お客様番号の他には、以下の情報が必要になります。

  • 現住所(引越し前の住所)
  • 契約者氏名
  • 引越し予定日
  • 引越し先住所
  • 引越し先電話番号
  • 料金の精算方法(口座振替または納入通知書)

引越し前の水道停止手続きは、お客様番号が絶対に必要になります。

直前になって慌てないためにも、事前に検針票や領収証を用意しておきましょう。

2-4. 立会いについて

水道の停止手続きは、原則として立会いが不要です。

市区町村役場または上下水道局お客様センターへ、転居・転出の予定日を連絡すると、転居・転出日の翌営業日以降に、担当者が水道メーターの検針をしに来てくれます。

2-5. 清算方法

引越しした翌日が最終検針日となり、引越し当日まで使用した分は、その月の日割りで計算された料金を支払うことになります。

日割り計算の料金支払い方法は以下の通りです。

・退去時に集金依頼をする

引越しの時に検針に来てもらい、その場で支払いをします。

集金依頼をする場合は、退去時に立会うことになります。

水道の使用停止連絡をしたときに、「〇時までに来てください」と時間帯を指定しましょう。

ただし引越し当日はとてもバタバタします。

ですから、できれば後日精算の方がスムーズでしょう。

・最終検診日の後、請求書を引越し先へ送ってもらい後日振り込み

引越し当日はバタバタしている上に、交通渋滞などで検針担当者が遅れたりすると、引越しのスケジュールが全て遅れてしまいます。

引越しのスケジュールを妨げないためにも、水道料金の精算などは後日支払いをおすすめします。

・通常の料金支払いと同様にクレジットカードや口座振替で支払う

自分が普段使っている口座から引き落としてもらうのであれば、特別な手続きも必要ありません。

そのまま銀行から引き落とされるのを待てば良いだけなので、こちらもおすすめです。

ただし、引越し先のエリアが、今住んでいるところの管轄の水道課や水道局でなくなる場合は、クレジットカードまたは口座振替ができない場合もあります。

ですから、水道の使用停止連絡をする際に、そのままクレジットカードや口座振替を利用して、最後の支払いができるかどうかを確認してください。

・マンションなど集合住宅に住んでいる場合

マンションのような集合住宅に住んでいる場合は、マンションの「管理組合」が水道契約を統括しているケースがあります。

その場合、マンションの管理費などと一緒に水道代が精算されることがあります。

マンションによって手続きも違ったり、精算方法も異なったりします。

事前に管理組合に確認しておきましょう。

・使用停止後に水道を使ったらどうなるの?

水道の使用停止後に、トイレに行ったり、掃除をしたりと、どうしても手を洗いたくなることもありますね。

そんな時は、少しの量であれば追加料金として計算されないことも多いようです。

ただし、大量のお水を使うのはマナー違反ですし、別途徴収される可能性がありますので気をつけましょう。

3. 水道の使用開始の手続き

引越し先で水道を使用することを「開栓」と言います。

新居で水道の使用開始の際は、誰かが立ち合いをする必要はありません。

また、特別な作業や準備なども不要です。

水道は、基本的に止水栓を開栓した後、蛇口を回すことで水が出てきます。

まずは家中の蛇口を回してみて、全ての水道からお水が出るか確かめましょう。

引越し先での初めての水道料金については、水道を使い始めた日から、最初の水道メーター検針日までの使用期間及び使用水量になります。

もし水が出ない場合は、水道メーターボックス内のバルブが閉まっている可能性があります。

水道の蛇口をひねって水が出ない場合は、至急上下水道局お客様センターへ問い合わせしましょう。

3-1. 申込み時期

水道の利用開始の申し込みをするのに明確な期限はありません。

ですが、水道料金の精算に対していつが入居日かはっきりしない場合は、請求額が違ってくるなどのトラブルになる可能性があります。

不要なトラブルを避けるためにも、水道開始の手続きは早めにしましょう。

3-2. 手続き方法

・電話で届け出をする

市区町村役場または地域の上下水道局お客様センターに電話して、水道の使用開始を申し出ます。

・ファックスまたは郵送で届け出をする

引越し先のポストの中やドアノブに「水道使用開始申込書」が置かれています。

「水道使用開始申込書」に必要事項を記入して、ファックスまたは郵送すれば手続きは終わりです。

・インターネットで届け出をする

市区町村役場、または地域の上下水道局お客様センターのインターネットサイトから、水道の使用開始についての申請をすることができます。

3-3. 料金の支払について

水道料金の支払いについては、以下の方法が利用できます。

◆口座振替による支払い

水道料金を口座振替にした場合、指定した金融機関の預貯金口座から自動的に水道・下水道料金等を支払うことができます。

口座振替ならば、払い忘れもなくなります。

また、口座振替で水道料金を支払うことによって、少し割引があります。

たとえば東京都の場合は、水道代を支払うごとに請求の金額から月50円(年間600円)の割引があります。

ただし条件として、初回の口座振替日に引き落とされた場合のみ適用されることで、延滞した場合、割引システムは適用されません。

口座振替は、住んでいる市区町村にあるたいていの金融機関の口座が利用できます。

ゆうちょ銀行の窓口でも、水道代の口座振替申し込みはできます。

通帳・印鑑・検針票などお客さま番号がわかるものを用意して手続きします。

◆クレジットカードによる支払い

クレジットカード払いで水道料金を支払うためには、事前に申込書による手続が必要です。

クレジットカードで水道料金の支払い申込みをする場合、「水道料金・下水道料金クレジットカード払い申込書」を市区町村の水道課または水道局から郵送で送ってもらいましょう。

・クレジットカードで水道代を払うということ

クレジットカード会社が一旦水道局に水道料金・下水道料金を立替払いし、その後利用者にクレジットカード利用代金として請求することになります。

市区町村の水道課窓口で、直接クレジットカード払いで支払うことはできません。

・クレジットカード支払いでは、割引はない

クレジットカード払いの時は、月50円(年間600円)の割引はありません。

・支払い月がずれる事がある

クレジットカード会社の締日と、水道局の検針日がずれたり、その他の事務処理上の都合が前後したりすることで、支払い月がずれてしまい2か月に1回の請求ではないときもあります。

水道メーターの検針が2ヶ月に1回実施されていても、クレジットカード会社の締め日がずれてしまうこともあります。

その場合、請求のタイミングが2ヶ月以上空いたり、1ヶ月しか空かなかったりということもあります。

◆請求書による支払い

検針担当者が水道メーターの検診時に、請求書を水道使用場所で発行する方法です。

ポストの中に請求書を入れてもらうか、指定した場所に郵送してもらいます。

請求書が来たら「水道料金のお取扱い窓口」で、直接現金で支払います。

<水道料金支払い場所>

・金融機関

住んでいる地域にあるほとんどの店舗で、水道料金の支払いをすることが可能です。

・ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行でも、水道料金の支払いが可能です。

・コンビニエンスストア

多くのコンビニで水道代の支払いが可能です。

例:ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストアー、ローソンくらしハウス、コミュニティ・ストア、サークルK、サンクス、スリーエイト、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、MMK(マルチメディアキオスク)端末設置店など

この場合、店舗のレジに設置されている「公共料金収納専用型MMK端末」で支払うことができます。

・水道局営業所

住んでいる水道局営業所であれば、ほぼどこでも水道料金を支払うことができます。

水道局の営業時間は平日の8時30分から17時15分までですが、水道料金の支払いは17時までです。

土日は水道局で水道代を支払うことはできません。

◆水道代は検針員が徴収することはありません

水道メーターの検針員が、定期点検時に水道代金の請求書を発行します。

水道料金は指定の場所で支払うものであり、その場でお金を徴収することはありませんので、詐欺に注意しましょう。

3-4. 立会いについて

水道の開始手続きの際は、特別な場合を除いて立会いをする必要はありません。

4. 市内で引越す場合の手続き

同じ市の中で引越す場合も、水道の使用停止と使用開始の手続きは必要です。

水道の使用停止、使用開始ともに「上下水道お客さまサービスセンター」に電話をするか「水道局のホームページ」で受付けしましょう。

市内転居の場合は、支払い方法も引越し元の住所の時と同様で構いませんので、スムーズに引き継ぐことができます。

新住所でも引き続き「口座振替」または「クレジットカード払い」の継続が可能なので、水道課の窓口で「継続の手続き」をして下さい。

◆水道料金あれこれ

各自治体により条件が異なりますが、水道使用者や家族の中に、以下のいずれかに該当する人がいる世帯は、申請すれば上下水道料金の一般用基本料金相当額が減免される場合があります。

・寝たきり高齢者、重度認知症高齢者がいる世帯

・ひとり親家庭の世帯

・身体障害者手帳の交付を受け、その障害の程度が1級または2級に該当する者がいる世帯

・IQ35以下と判定され療育手帳A1またはA2の交付を受けている者がいる世帯

・身体障害者手帳の交付を受け、その障害の程度が3級に該当し、児童相談所または知的障害者
更生相談所の検査でIQ50以下と判定された者がいる世帯

・精神障害者保健福祉手帳の交付を受け、障害の程度が1級または2級に該当する者がいる世帯

・災害により著しく資産が減少し市長が特に減免の必要があると認める世帯

詳しくは、市区町村の水道課の窓口で尋ねてみて下さい。

5. まとめ

引越しの時は何かとバタバタしてしまいますが、水道の使用停止や使用開始の手続きを忘れないようにしましょう。

水道の使用停止については、なるべく早めに水道局に届出をして「〇日に引越しするので、水道の使用停止をお願いします」と申請しましょう。

水道停止の連絡をしないまま引越してしまうと、引越ししたとしても旧住所の水道基本料金はずっと発生し続けます。

引越しの時は、水道の停止手続き、開始手続きは優先事項としてきちんとしましょう。